■■大野城市で葬儀を行われたA様より■■

葬儀社選びで直葬を知りました。

私が葬儀社選びをしている時に葬儀のやり方を直葬にしようと思ったのは
直葬を最近は選ぶ人が多くなっているという話を聞いたからです。

ただ最初は葬儀社を探しをしていて直葬と聞いてもどういう葬儀か全く分かってませんでした。

私は最近は家族葬をやる過程が増えているというのは知っていたのですが
直葬というのは聞いた事がありませんでした。

でも最近は直葬をやる家庭が増えているという事で詳しく聞いてみました。
するとこれは葬式のやり方の中でも一番シンプルな葬儀で通常ある通夜や告別式もやらずに火葬のみ行うという葬儀という事でした。

正直最初にこの直葬について聞いた時は葬儀の方法として直葬を選んで良いか
かなり悩みました。

なぜなら葬儀をやるからにはこれまで普通にあった通夜や告別式をやらずに
火葬だけやって本当に大丈夫かと思ったからです。

ですが、葬儀社にその事を言うと最近は直葬を結構躊躇なく選ぶ人が多くなっているという事でかなり検討の余地があると思いました。

なぜなら葬儀の中でも直葬を選べばかなり葬儀にかかる費用を節約できると思ったからです。

なので最初に大野城市葬儀社で直葬について聞いた時はかなり躊躇しましたが最近は
葬儀で直葬を選ぶ人が多くなっているという事を聞いて私も親が亡くなって直葬で葬儀をやる事にしました。

それぐらい通常の葬儀と比べても直葬の費用は安いというのがありました。
また最近は葬式にお金をかけない人が多くなっているというのが驚きました。

でも私もそれで実際に親の葬儀で直葬をやる事にしたのは良かったのですが
それでどこの葬儀社で直葬をやっても良いかというとそういう事はなくて
同じ直葬をやるにしてもしっかり葬儀社選びはしないといけないと思いました。

なぜなら同じ直葬をやるにしてもどこの葬儀社で直葬をやるかで費用も変わってくるからです。

直葬をやる時には葬儀社選びはどうすべきか

これまで葬儀をやる時はこれまでの習慣で地元の大野城市で有名な葬儀社を選ぶのが当たり前という流れがありました。

ですがその流れで葬儀社を選んでいると葬儀の費用を安くできるどころか
直葬という方法すら選べない事もあり得ます。

なぜなら昔からある葬儀社というのはわざわ最近流行りの直葬をやる必要がないからです。

なぜなら直葬をやりたいと思う人の多くはネットで葬儀社選びをしていて初めて直葬という方法がある事を知るからです。

なので葬儀にかかる費用を抑えようと思った時は地元で有名な葬儀社を使ってやろうと思ってはいけないです。

私も最初は無難に大野城市で有名な葬儀社で葬儀をやろうと思ったのですがそれでは直葬ができないと思ってネットを使って葬儀社を探しました。

すると直葬で葬儀をやってくれる葬儀社が見つかってそこで葬儀をやる事にしました。

また実同じ直葬でもどこの葬儀社でやるかでも費用にかなり差があると思いました。

なので直葬をやる際には絶対にネットを使って複数の葬儀社の中からどこの葬儀社が

安い費用で直葬をやってくれるか探す必要があると思いました。

葬儀社で直葬をやる意味について

私が実際に葬儀社を探して直葬をやったのですがその時に疑問に思ったのは
いくら直葬をやれば葬儀にかかる費用が安いと言っても本当にそれで
まともな葬儀になるかという不安はありました。

確かに葬儀社選びの際に直葬にしたので式場での葬儀というのはなく
火葬場でのみのお別れになりました。

ですがその分家でしっかり供養したので葬式としての体裁は保てていたと思いました。

直葬と聞いて中には本当に火葬場でのみお別れをやって後は何もしないと思う人もいるかと思います。

ですがそれは違います。確かに式場では通夜も告別式もやりませんが
家でそれに変わる事をやるので別に故人に失礼にはならないです。

私も最初に直葬というやり方に少し抵抗を感じたのですが
実際に葬儀社で直葬をやると思った以上に費用を抑える事ができて
それなりの葬儀ができると思ったのでその点は良かったです。

家で通夜も告別式もやろうと思えばできます。
なので私はそういう風にしてできるだけ葬儀にかかる費用を抑えた上で
故人とのお別れもしっかりやりました。

なので特に葬儀のやり方で直葬を選んだから後悔したという事はなかったです。
もし葬儀社で直葬をやる事になってそのせいでお粗末な葬儀になっていたら
直葬にして後悔していたと思いますが実際は式場がない分は家で補ったので
しっかりした葬式ができたと思っています。

費用を抑えるために直葬にしたおかげで逆にアットホームな葬儀になったと思っています。

>>大野城市の斎場はこちらへ

簡単入力資料請求フォーム
~最短で翌日に資料をお届けいたします~