■■福岡市中央区で葬儀を行われたT様■■

■■福岡市中央区で葬儀を行われたT様■■

★父親が亡くなった時にした事と葬儀と葬儀社

亡くなる前に葬儀社への連絡について

私の場合は父親が先月亡くなったのですが、
お爺様が亡くなった際に葬儀社への連絡のタイミングなどは父から聞かされていたので、
父親が生前の段階で葬儀社や斎場に連絡を取っておりました。
既に病に倒れて時間が経過しており、病院に入院して診断も出ていましたので、
不謹慎だとも思ったのですが、父が生前から何かあった時は、
お葬式のアイリスという葬儀社に連絡を入れてくれと言われていたのを思い出し、問合せてみました。
葬儀社の方達などは親切に対応してくれました。
現在は生前にお葬式の相談をするのは比較的主流になっているそうです。

実際に父が亡くなってから思った事は、
亡くなった場に立ち会ってしまうとお金の計算など冷静にできるものでは無いと感じましたし、
そのせいで予算を考えずにお金を無駄にしてしまっては、
残された家族の為にもなりませんので事前に相談しておいて良かったということです。
それに加えて、父親の方で事前にアイリス倶楽部に入っていたそうで、
葬儀費用の割引や棺、骨壺、お花など追加料金無しでグレードアップして貰い驚きました。

このアイリス倶楽部のおかげで更に冷静に見積りに目を通す事が出来たので、
父親として子供たちに面倒はかけたくないという、親の気概を感じて感動した事を覚えています。

★父親が亡くなってからの葬儀社とのやり取り

ここからは実際に父親が亡くなってからの話になりますが、
ざっくりと説明すると病院で医師からの死亡診断書が必要になって、
それが無いと斎場でお葬式をあげることができませんので、葬儀社との連絡の際にその点は説明を受ける事になります。
亡くなってから直ぐには気持ちの整理もつかないので、
本当に生前に葬儀社を決めておいて良かったなと思います。
死亡診断書を貰うには5000円程の費用が掛かったと思います。
正直事前に準備していたのにこんなに混乱するとは思いませんでした。
でもやはり相手はプロですので、こちら側の心中を察して丁寧に話を進めてくれましたので非常に助かりました。
亡くなってからは病室から斎場に移動になって、
その間に葬儀社と連絡を取り合ったり実際に打ち合わせを行ったりもしました。

この混乱した状態で予算を一から決める事は非常に困難ですし、
結局ものすごく高いプランを選んでしまいそうになるので、
事前にシンプルなプランを申し込んでおいて良かったと改めて思いました。

また、自分達で役所に「火葬許可証」を取りに行かなければならないところ、
プランの中に「役所代行手続き」も入っておりましたので助かりました。
その間に必要な親戚全員に直接連絡を取ったりする事ができました。
また菩提寺が無い為、お経を上げて頂くのをどうしようかと思っておりましたら、
葬儀社からお坊さんへの手配もして下さるとの事で安心しました。

★葬儀社とお葬式と一連の流れ

その後、お清めを葬儀社の方にしていただきました。
その日は寝ずのお通夜になるわけですが、
駆けつけてくれた親族と助六を食べながら談笑して昔話に花を咲かせました。
この時は不思議と全然眠くありませんでしたし、
明日の段取りの事などを葬儀社の人から説明を受けますので、確認作業などに追われていました。
ここで喪主としての挨拶の文面を考えたり、
お香典の受付の担当してくれる親族を選んだりとやる事は非常に多く、
やはり悲しんでいる暇はありませんでしたし、
父親も葬儀社の方に綺麗にしてもらえたので、不思議な安堵感がありました。
そして実際にお葬式の朝を迎えるのですが、
親族一同で葬儀社が用意してくれる大げさなお弁当を食べてから参列者の方に挨拶などをしてお経に耳をすませます。

その後、喪主(私)の挨拶をして、近親者で火葬場までバス移動しました。
マイクロバスもプランに入ってましたので、本当に便利な世の中だと感心しました。

ただ、このあたりの段取りも全部喪主でやろうと思ったら、
とてもじゃ無いですが手が回りませんので、
葬儀社のプラン以外に庶民のお葬式は選択の余地は無さそうです。
現代は初七日も葬儀の日に済ませてしまう事が多いらしく父の場合もそうでした。
お葬式の後は父の遺品の処理やお墓の手配などに追われますが、
四十九日まで余裕がありますので家族で話し合いながらゆっくり進めました。

>>福岡市の葬儀場一覧はこちら