Warning: Attempt to read property "slug" on string in /home/airis2024/airis.jp/public_html/airis/wp-content/themes/airis/inc/head_scripts.php on line 68
海洋散骨 |葬儀の基礎知識

海洋散骨

海洋散骨

海洋散骨するための葬儀社の手続き等

最近では、個人で海洋散骨を行う人も増えてきています。故人の想いを尊重したり、墓地を購入したり管理するための費用的な問題があったりと理由は様々です。

それに伴って海洋散骨について問題も増えつつあります。法律を守らずに勝手に海洋散骨してしまい漁業の方と保証問題になったり、親族同士でトラブルになったりしています。

せっかく故人を供養しようとしていたのに、そのような事態にならないようにしなくてはいけません。 そのためにも、海洋散骨におけるマナーを勉強しましょう。

今回は、個人で海洋散骨を行う方々に向けて、遵守すべきマナーについて紹介したいと思います。

火葬場で、火葬した遺骨をその形状のまま散骨してしまえば、遺骨遺棄罪に問われてしまいます。

そのため、遺骨であると判断できないように、1~2ミリ以下のパウダー状に砕いて散骨します。 自分自身でも粉骨はできます。すり鉢と棒があれば遺骨はパウダー状になりますが、遺族の精神的負担が厳しいです。そこで粉骨作業は葬儀社に依頼するのが無難です。

海洋散骨はどこの海でも散骨できるわけではありません。

漁業を行うような公海で行うのが基本であるため、海水浴場などで行わないようにしてください。 法律上で規制されているわけではありませんが、第三者に迷惑をかければ、民事事件として法令違反に問われてしまいます。

場所によっては条例で規制されている所もある為、市役所などで海洋散骨を行っても大丈夫かどうかを葬儀社に確認してもらってください。

葬儀社に海洋散骨を依頼する方法

海洋散骨を決める場合は、故人が生前契約で決定しているケースが多いです。故人の遺言があるなどの理由で本人が決定している場合が多いです。ただし、この場合には様々なトラブルが考えられますので、事前に細心の注意が必要です。

生前契約で海洋散骨をする場合には、事前に親族への理解を求める他、菩提寺にも相談をすると、今後遺族がスムーズに海洋散骨ができるようになります。

菩提寺のなかには、遺骨のない仏壇に法要をしない、と読経などの一連の法要を拒否する場合があります。

海洋散骨のセレモニーを行う際、それぞれの予算や故人の意向に合わせて、いくつかの方法があります。

また、ボートを利用した海洋散骨の場合には、貸切でボートをチャーターする場合には個人散骨や、いくつかの遺族が合同でボートを利用する、合同散骨などのほか、散骨を業者に委託する委託散骨などの種類があります。

ひと口に海洋散骨と言っても、いくつかの方法があり、また、ただ海洋散骨をするだけではなく、散骨の際に花を撒くなど、それぞれの葬儀社でセレモニーの内容が違いますので、掛かる費用もさまざまです。

海洋散骨に掛かる費用は、家族葬のアイリスで行う場合は58,000円から行うことができます。セレモニーの内容も違いがあるので、単純に価格だけではなく、その内容もしっかりとご相談した上でと検討して決めてください。

必ず葬儀社を通して散骨を行います。最近では海洋散骨を始めとする、散骨の認知度が広がったこともあり、遺骨を粉末にするだけの内容も見受けられるようになりました。確かに映画などで、個人で遺骨を海に散骨するようなシーンも見られますが、個人で行うと様々なトラブルが起こります。まずは家族葬のアイリスにご相談ください。

葬儀社とお葬式と一連の流れ

確かにまだ海洋散骨への認知度は低く、法律的にも整っていない部分が多いため、良質な葬儀社選びは大切なポイントです。

葬儀社を選ぶポイントは、ただ単に価格が安いから良い、と言うものではありません。粉骨料金がプランに入っていないなど、後々、別途料金が発生する葬儀社もありますので、プラン内容をしっかりと確認しましょう。

ホームページが信頼できる感じか、また、葬儀社がボート関連の会社ではなく葬儀社や霊園であるなど、葬送や葬儀の専門業者である方が好ましいです。

美しい海での海洋散骨は、故人の意向から、生前から愛していた土地や場所での海洋散骨を望む事例も多く見られます。例えば、何度もハワイ旅行へ行っていた人が、ハワイの海へ散骨したい、沖縄の海が好きなので散骨したいと希望した場合などです。

東京近郊の海岸でも海洋散骨のサービスはありますが、故人の愛した海に海洋散骨をして、定期的にその場所へ訪れる遺族もいます。

その土地の葬儀社や、仲介を請け負ってくれる業者もありますので、海洋散骨をする海を選んでみるのも一案です。

良質な海洋散骨ができる業者は、分骨ではないと遺骨が残らないため、何らかの形で形に残すプランを用意してくれる場合が多く、故人が確かに生きていた証として、また、遺族の心の拠り所として、海洋散骨実施証明書や、墓碑への刻印などのプランが見受けられます。

遺骨を埋葬してお墓を建て、そのお墓を心の拠り所として拝んできた日本人にとって、遺骨として残るものがない海洋散骨は、馴染みの薄いものかもしれません。

故人の意向があった場合には、遺族にその想いに沿いたいと感じるのは当然です。ただ残された者として、自分達はもちろんのこと、親族や菩提寺への配慮などを考えると、まだまだ海洋散骨に踏み切れない方々も多いとは思いますが、納得できる葬送方法で、故人を弔ってください。