葬儀 気をつけたい言葉のマナー - 九州の葬儀社をお探しなら【家族葬のアイリス】家族だけで行うお葬式

葬儀 気をつけたい言葉のマナー

葬儀 気をつけたい言葉のマナー

幸せな雰囲気の中であれば、多少なら言葉の失敗も許されるのかもしれません。しかし、深い悲しみの中にいる遺族の方々の前で失言は絶対に避けたいもの。悪気は無くても、場合によっては遺族に対して失礼な言動になってしまったり、更に傷つけてしまったりすることもあります。葬儀の際にタブーである言葉があります。注意しましょう。

 

訃報を受けた時

遺族の方から訃報を受けたら、必ずお悔やみの言葉を丁寧に伝えるようにして下さい。ここで気をつけたいことは、死因について質問したり亡くなる時の様子を聞いたりしてはいけないということです。訃報を受けた時に確認しておきたいことは、通夜と葬儀・告別式の日程、宗旨について。そして喪主についてのみです。また、遺族宅へ電話をかけてお悔やみを伝えるようなことも避けるべき。これは、深い悲しみの中で葬儀の準備などで忙しい方に対して配慮のない行為です。
また、直接的な言葉も使ってはいけません。「死亡」、「死んだ」、「生存」なとといったダイレクトな言葉は避けてください。忌み言葉を使わないように注意することも必要です。葬儀の場合は、「重ね言葉」がそれに当たります。重ね言葉とは、同じ言葉を繰り返して使うもので、「またまた」、「重ね重ね」、「度々」などがあります。他にも、次をイメージさせてしまうような言葉も使わないようにしたいもの。「再び」、「もう一度」などの言葉は避けるようにしましょう。

 

通夜、葬式

通夜や葬式の時も、訃報を受けた時と同じで重ね言葉や次をイメージさせる言葉は慎むべきです。また、遺族の方に死因について根掘り葉掘り聞くのも失礼。世間話しをしたり、大きな声で話すようなこともしてはいけません。通夜でお悔やみを述べる時は、小さな声で短めにしましょう。
「この度は突然のことで」、「心からお悔やみ申し上げます」、「この度はご愁傷様でございます」などといった短い言葉を述べておじぎをしてください。言葉に自信がない時は、黙礼だけでも大丈夫です。
葬式では、会場でお悔やみの言葉を述べることは基本的にありません。

 

キリスト教

キリスト教の場合も、使ってはいけない言葉があります。仏教であれば、何ら問題ない「ご冥福をお祈りします」という言葉も、キリスト教ではタブーですので注意が必要です。他にも、「供養する」、「成仏する」といった言葉も使えません。キリスト教では、亡くなることは神様のところへ召されることで祝福の意味があるので、お悔やみの言葉を使ってはいけないのです。「安らかな眠りをお祈りいたします」と挨拶すると良いでしょう。

言葉一つで、人は嬉しくも悲しくもなるものです。遺族の気持を思いやれるように、適切な言葉を使いたいものです。

簡単入力資料請求フォーム
~最短で翌日に資料をお届けいたします~