Warning: Attempt to read property "slug" on string in /home/airis2024/airis.jp/public_html/airis/wp-content/themes/airis/inc/head_scripts.php on line 68
香典とは/相場やマナー 葬儀の基礎知識|家族葬のアイリス

葬儀のマナー 香典について

葬儀のマナー 香典について

香典とは、亡くなった方の霊前にお供えする金品のこと。突然のご不幸に、葬儀など色々出費がかかるご遺族の方に、労りの気持ちや助け合う気持ちなども込められています。持参するのは葬式または通夜のどちらかになるのですが、どちらとも参列する場合は、通夜の際に渡す方が多くみられます。

 

不祝儀袋の表書きについて

不祝儀袋の表書きについてですが、こちらは宗教によっても異なりますので注意が必要です。仏式であれば、一般的には四十九日までは「御霊前」となります。また、表書きをする際薄墨を用いて書くのが正しい書き方。薄墨を使うのにはちゃんと理由があり、「深い悲しみのあまり力が入らない、涙で墨も薄くなってしまう」などの意味があります。

香典の金額が5千円まででしたら、水引なども印刷されているような不祝儀袋を使ってください。1万円以上包む場合は、「結び切り」の水引がついているものを選んでください。1万円~2万円なら黒白の水引がついているもの。3万~5万なら双銀の水引。10万円以上の場合は、高級和紙でできた大判のものを用意すると良いでしょう。

またキリスト教の場合は、一般的には表書きを「お花料」とします。カトリックでしたら、「御ミサ料」でも大丈夫です。但し、プロテスタントは不可です。十字架がついているような不祝儀袋を用意しましょう。用意できない時は、白無地に双銀の水引がついているものでも大丈夫です。

神式の場合は、白無地に双白の水引。表書きは「御神前」や「玉串料」ですが、一般的には「玉串料」です。

 

香典の金額の目安

不祝儀袋の中央に、自分のフルネームを記載します。連名の場合は、右側から地位の高い人の名前を書くようにしてください。無い場合は、五十音順で書くと良いでしょう。また御香典の目安ですが、近所の方や友達、同僚の方でしたら、3千円から5千円。お世話になっている方や親戚の方でしたら、1万円程度。家族の場合は、5万円から10万円程度になっているようです。金額については、家族や親戚、仲間内で相談して判断すると安心です。地域によっては、金額について取り決めをしているところもあります。

お金を中包みに入れる時は、肖像が無い方(裏)を前にして入れます。お札は軽く折り目をつけてから。中包みには住所と氏名を書き、金額は漢数字で書きます。不祝儀袋の裏側は、下向きに重ねることもお忘れなく。慶事と逆になります。

香典は、必ずふくさに入れて持参するようにしましょう。ちょっとしたことのように思うかもしれませんが、香典をむき出しのまま持参するのは失礼なことですから注意してください。