葬儀費用を抑えたいとき - 九州の葬儀社をお探しなら【家族葬のアイリス】家族だけで行うお葬式

葬儀費用を抑えたいとき

葬儀費用を抑えたいとき

まずは担当者に明確な予算を伝えていただくことで、プランやオプションの提案をさせていただきやすくなります。それによって必要なもの、削っても構わないものを調整していくのが一番の近道です。

葬祭扶助などを検討する

故人が生活保護を受けていた世帯の方なら、葬祭扶助制度が適用される可能性があります。火葬を済ませてしまってからでは申請できないので、亡くなったらすぐに担当の民生委員やケースワーカー、市役所や区役所の福祉係に相談してください。なお、親族に支払い能力があると適用されないこともあります。

変動する費用を見直す

返礼品や飲食接待費は人数とランクによって大きく変わります。寝台車や霊柩車の費用も移動距離やランクによって変動します。こういった変動する費用を見直すことで、費用が抑えられる場合もあります。

無宗教葬という選択

特に信仰をもたないなら、無宗教葬で葬儀をするという方法もあります。仏教のお布施にあたる支出の削減にはなりますが、費用を抑えるために無宗教葬を選ぶのは本末転倒です。故人をお見送りする最良の方法が無宗教葬であれば、それも選択のひとつかもしれません。

「家族葬のアイリス」では、ご相談は無料で承っております。お見積もりの内訳についても詳しく説明させていただきます。もちろんお見積もりも無料です。

簡単入力資料請求フォーム
~最短で翌日に資料をお届けいたします~