Warning: Attempt to read property "slug" on string in /home/airis2024/airis.jp/public_html/airis/wp-content/themes/airis/inc/head_scripts.php on line 68
葬儀 お葬式までの流れについて |葬儀の基礎知識

葬儀 お葬式までの流れについて

葬儀 お葬式までの流れについて

人生の最期の時を、病院で迎える方と自宅で迎える方がいます。病院で亡くなった場合も自宅で亡くなった時も、流れはほとんど同じですが、少しだけ異なるところがあります。

 

病院で亡くなった場合について

病院で亡くなった時は、医師から「死亡診断書」を受けとります。その後、ご遺体は看護師によって拭き清められた後、病室から霊安室へと移されます。荷物をまとめて、退院の準備をして入院費など支払いについて確認。ご遺体はすぐに引き取らなければなりませんので、家族や葬儀社などに速やかに連絡してください。病院で荷物をまとめたり支払いを済ませたりする必要がありますし、葬儀社との打ち合わせもありますので、病院に行く際には2人から3人は必要になります。

ご遺体を病院からどこに移動するのか、安置場所について予め決めておくようにしてください。一般的には自宅に安置することが多いのですが、何らかの理由でそれが難しいような時は、葬儀社と相談してください。自宅に安置する場合は、お布団を用意してください。

病院で亡くなった場合、その病院から葬儀社を紹介される場合もありますが、必ずしもその葬儀社に依頼する必要はありません。事前に依頼する葬儀社を決めておくと、慌てずに済みます。

 

自宅で亡くなった場合について

自宅で最期を迎えた時は、主治医に連絡して死亡判定をしてもらうことになります。また、突然亡くなった場合など主治医がいない時は、警察を呼んで現場検証を行うことになります。警察が来るまでご遺体を移動させることのように注意してください。

 

死亡診断書と死亡届を提出

死亡診断書の左側が、「死亡届」になっています。死亡診断書を医師から受け取り死亡届に記入したら、届出人の署名と捺印をして役所に提出します。死亡届を提出する役所は、1.亡くなった方の本籍地、2.亡くなった場所、3.届出人の住所がある所のいずれかです。この書類を提出しないと、火葬許可証が交付されませんので葬儀ができません。手続きを代行してくれる葬儀社も増えています。

また死亡診断書は、役所に提出する前に必ず複数枚コピーをとっておくようにしましょう。葬儀後の手続きで必要になります。

 

葬儀の打ち合わせについて

まず喪主を決めます。そして、お通夜と葬儀の日時、場所、規模、予算などについて葬儀社と相談して決めていきます。菩提寺の住職にも連絡して、戒名などについても相談してください。菩提寺がない場合は、宗旨・宗派を確認して葬儀社に相談します。